自動車の定義

事故

購入や売却にあたり

自動車は新車以外にも中古車を売り買いするニーズは非常に多く、中古車専門店が全国各地にあります。この中古車はレンタカー会社で使用していた車や、買い替えの為に手放した車などが多く並べられています。中古車は年式も新しいものも多く、新車よりも安い値段で買えるので人気となっている為、中古車業者も台数を確保する為に買取業者の競争も激しくなっています。近年は今まではあまり市場に出回らなかった事故車も売買されるようになりました。これは事故車専門の買取業者が増えてきて、適正な査定をして買取を行うようになってきたからです。まずは事故を起こしてしまったら即廃車ではなく、専門の買取業者に査定を依頼する事が必要です。ここで値段がつかないようであれば廃車にすべきです。なお事故車とは事故を起こしり、災害にあった車の事ですが、買取業者は修理をして国内で販売する以外にも海外に転売をしたり、部品を調達する為に買取をする場合もあります。専門業者に依頼の際には複数社に同時査定依頼が出来るインターネットの一括サービスなどを利用すると手間がかかりません。また事故を起こした場合は事故車ですが、車の骨格部分であるフレームやピラー等の交換や修理がなければ、修理歴ありとはなりません。これは日本自動車査定協会等で決められているものです。ただし業者の査定依頼時には今までの事故歴や修理歴等はしっかり申告をするのがマナーです。申告をせずに買取をして後々トラブルとなる場合がありますので、この点は注意が必要です。

Copyright© 2017 事故車販売を生業としている業者!車両を安く買うコツとは All Rights Reserved.