買取価格は安めに

おもちゃの車

告知することが大事

車の表面についた傷は、買取査定でそれほど大きな影響をもたらしません。研磨や塗装で消しやすい上に、車の内部には異常がないわけですから、問題なく運転できるからです。ところが事故車となると、査定価格は大幅に下がることになります。事故車とは、強い衝撃を受けたりすることで、骨格部分に問題が生じた車のことです。そのままではもちろん運転することができませんし、修理をしても、もろくなっている分、寿命は短めになっていると言えます。つまり長期の安全な使用が難しいということですから、中古車として売りに出しても買い手がつきにくく、その分査定価格が安めとなっているのです。しかし、買い手がつきにくいというだけで、需要自体はあります。安く購入することを希望している人や、短期間での買い替えを好む人からは、事故車にはむしろ人気があるのです。そのため、事故車を専門に取り扱っているという業者もいるくらいです。また、中には修理もできないくらい壊れている事故車もありますが、専門業者にならこれも買取してもらうことが可能です。骨格が完全に破損していたとしても、解体すればパーツ単位で再利用できる可能性があるからです。ただしいずれの場合も、事故歴や修理歴については、査定時にしっかりと告知することが大事です。査定価格が下がる可能性を恐れて隠ぺいすると、告知義務違反となるからです。業者も人間ですから、正直に打ち明けて信頼関係を築けば、かえって査定にプラスとなることもあるのです。

Copyright© 2017 事故車販売を生業としている業者!車両を安く買うコツとは All Rights Reserved.